ブログ終了のごあいさつ

2024.02.28.06:22


2024年1月13日に開始いたしました、本ブログ

2024年2月28日をもちまして終了させていただきます。

被災地の子どもたちの音楽活動再開を支援したい

その想いから、今回の演奏会を企画いたしました。

令和六年能登半島地震チャリティーコンサートin山梨

おかげさまで無事に終了し、多くの方々の温かいお気持ちに触れ、支えられ、改めて音楽のちからを実感することが出来ました。

ブログに頂戴いたしましたコメントにも喜びや励ましを頂戴いたしました。
とてもうれしいことでした。

実行委員会としては3月に総括を行い、継続できる形を探ってゆく予定です。
1人1人これからもそれぞれの場で、精進してまいります。

またいつかどこかでお会いできますように

短い間でしたが、ご訪問くださった方々に心より御礼申し上げます

みなさまのお心とお身体がお健やかでありますように・・・

ありがとうございました

2024年2月28日
音楽の花プロジェクト実行委員会一同

缶バッチ




スポンサーサイト



義援金振り込み完了のご報告

2024.02.27.06:01

2024年2月17日

令和六年能登半島地震チャリティーコンサートin山梨

多くのみなさまにご来場いただき、義援金をお預かりいたしました。

本日はそのご報告をさせていただきます。

義援金総額 
306、825円

硬貨取扱手数料、振込手数料を除き
以下の金額を義援金として振り込みを完了いたしました。

石川県吹奏楽連盟義援金口座宛て

305、285円

ここに謹んでご報告させていただきます。

義援金預り証

みなさまのお心に改めて感謝申し上げます。

2月26日づけの中間報告に「音楽の花プロジェクト」として、石川県吹奏楽連盟ホームページに掲載されております。



義援金振り込み完了
※石川県吹奏楽連盟への引き続きの義援金はこちらです
http://www.ajba.or.jp/ishikawa/noto/index.html

※全日本吹奏楽連盟は2月19日に開設されています
http://www.ajba.or.jp/00ajba/07_pdf/noto_gienkin.pdf

たんぽぽ

2024.02.26.09:19

本日もご訪問いただきありがとうございます。
演奏会終了後も目にとめて下さる方がいらっしゃると思うと、とてもありがたいです。

たんぽぽ

春になると道端のあちこちで目にする花です。

かわいらしい花が終わった後は、綿毛となり風に乗って飛散します。
そして、あちこちでまた根をつけて次の開花を待ちます。

野の草花は強い

踏まれても、摘まれても、根がしっかりしているから

たんぽぽには日本古来の品種と、外来種があります
以前は外来種を駆除して日本種を守れ・・・
こんな言葉を聞きました

今は、混合種が見つかるようになり、更に強い品種になっているものもあるそうです
日本古来の品種も、地方へ行くとしっかり根を張り花を咲かせているそうです

それが たんぽぽ

たんぽぽの花言葉は「誠実」「幸福」ですが

ハーブや生薬として古くから利用されていたため、ギリシア語で

苦痛を癒す」という意味もあるそうです

今、全国でたんぽぽのような演奏会がひらかれています。
私たちの演奏会もそのひとつ
ここから綿毛に乗せて、もっとあちこちに飛んで、

おたがいさま
思う心
痛みを想像できる気持ち
・・・

そんな心の根が広がったらいいなぁ

音楽の花プロジェクトも、小さな一歩ですが
ここがスタートなのだと

そう思っています。

たんぽぽ

広がれ!「まれぞら」

2024.02.22.10:15

演奏会終了後もご覧いただきありがとうございます。

NHKニュースLIVE
「ゆう5時」(17時~18時)

NHK放送

先日の演奏会で、日本航空高等学校が演奏し、清和高等学校音楽科の生徒さんと出演者全員で歌った「まれぞら」

日本航空高等学校の様子も紹介されます。

本日、全国放送です。

「まれぞら」が、能登のみなさまの応援ソングとして、広がってゆくきっかけになる放送になりますように・・・

この曲に対する想い

2024年1月31日の本ブログから、日本航空高等学校石川、音楽監督藤井先生の言葉で再度ご紹介いたします。


演目「まれぞら」についての想い

『能登にいる人たちを音楽で勇気づけたい、感謝の気持ちを音に乗せたい』そう考えていた時に、今回演奏する曲の『希空〜まれぞら〜』を思いつきました。

のと里山海道を金沢から輪島方面に走ると、とあるところで『おとのみち』になり、この曲を聴く事ができます。

旅行に来られた方には懐かしく口ずさむ人もいるでしょうし、能登を感じる名所になっています。

私もこの道を通る時だけは車内の音楽を切って、道路から発せられる音楽を楽しみます。

活力の溢れたメロディと心の琴線に触れる歌詞。
朝の連ドラやおとのみちで慣れ親しんだこの曲は、きっと能登にいる人たちを勇気づけると信じています。
まれぞら歌詞


※番組の見逃し配信は「NHK+」で
https://plus.nhk.jp/watch/st/g1_2024021512633

第一部ご紹介

2024.02.21.08:56


令和六年能登半島地震チャリティーコンサートin山梨

2024年2月17日(土) 甲斐清和高校で行われました。

ご出演のみなさまは、持ち時間15分という中で、自由に構成や演奏形態を考えてくださいました。

演奏前には転換時間を利用して、団体紹介や被災地への想いをインタビューと言う形で語っていただきながら進めました。


第一部の様子です。

開会の言葉
甲斐清和高等学校
伊藤祐寛(すけひろ)校長先生のお言葉を頂戴いたしました。
校長先生ご挨拶

① 甲斐清和高等学校音楽科

アンサンブルでは、調和のとれた見事な演奏で会場を魅了しました

サクソフォンアンサンブル
清和1

打楽器アンサンブル
清和2

独唱では、被災地への想いを語ってくださり、
心のこもった力強い歌声に、会場の空気が一つになりました。

清和3

清和4

② 中央市立玉穂中学校吹奏楽部

小編成の温かい演奏で、会場からの手拍子と共に一生懸命楽しい雰囲気を作ってくださいました。

玉穂中学校

玉穂中学校2

③日本航空高校山梨・石川

チューバ以外立奏という気合の入ったステージ
最後は「まれぞら」を清和高校音楽科の皆さんを舞台上にお招きして、出演者全員で歌いました。

日本航空高校縮小

航空高校2

場内の様子です

観客


第二部ご紹介

2024.02.21.06:38

令和六年能登半島地震チャリティーコンサートin山梨

2024年2月17日

第二部の様子をご紹介いたします。

一部と二部の間、休憩時間中には、会場内で各団体が作成した募金箱で募金活動をいたしました。

募金縮小

募金


高校生のみなさんが、手に手にラテンパーカッションを持って、パフォーマンス

ロビーではバザーのお買い物をするお客様

バザー縮小

音楽と笑顔で一杯でした。

④ 西﨑彩衣、マリンバ独奏
プロの打楽器演奏家として活躍中の西﨑彩衣さん。
東京都からのご出演でした

マリンバを持参して下さり、楽器の説明入りで、独特の深い音色に魅了されました

マリンバ独奏

マリンバ縮小

⑤ 中央市立田富中学校吹奏楽部
タンバリン合奏で舞台に飛び上がってきて・・・
小編成の元気ハツラツの舞台に、会場から歓声が上がりました

田富中学校吹奏楽部

田富中学校2

⑥ 合同バンド
(山梨大学吹奏楽団・甲斐ウエスト・愉しい吹奏楽)
チャリティーコンサートに心を込めて祈りの曲を捧げました
最後は「ふるさと」を会場のお客様、出演者のみなさまと歌いました

合同バンド縮小

合同バンド1

⑥ 甲斐市敷島吹奏楽団
大迫力の大人の演奏
ノリノリの演奏に手拍子、
「マツケンサンバ」では大歓声が上がりました

甲斐市敷島吹奏楽団

敷島2

⑦ 全員合奏「雷神」
最後はお客様をぐるりと囲み、出演者全員の大合奏となりました。

甲斐市敷島吹奏楽団の指揮者、
京都府からご出演くださいました、藤重佳久先生の指揮で迫力マーチとなりました。

藤重先生縮小

合同バンド縮小


終演後も、出演者のみなさんがお客様と笑顔でお話ししている姿があちこちに見られました。

音楽の花の余韻が
いつまでもいつまでも残っていました。

能登の地で仲間たちがいつか音楽できる日が来ますように・・・

全てのみなさまに
ありがとうございました。




バックステージの方々

2024.02.20.09:52

令和六年能登半島地震チャリティーコンサートin山梨

2024年2月17日㈯  

ホール外でもたくさんの方々のお支えをいただきました。

一部ですがご紹介いたします

受付

実行委員に加えて山梨大学吹奏楽団卒業生のお手伝いをいただきました

受付

画撮影

山梨大学放送部の学生さんが担当してくださいました
本格的な機材の持ち込みにビックリ。
専門の業者さんかと思いました。

※動画は編集し、後日YouTubeにて限定配信の予定です
放送部

駐車場

実行委員に加えて山梨大学吹奏楽団の学生さんたちが、長時間にわたり担当してくださいました。

駐車場

バザー

音楽の花プロジェクトに共感してくださって
東京都瑞穂町より応援に駆けつけて下さり、バザーを実施
売り上げを全額、義援金として募金してくださいました

バザー

その他、いろいろな場所で会場である清和高校音楽科の生徒さんたちが、献身的にお手伝いくださいました。

心より感謝申し上げます

花は咲く

2024.02.19.08:07

終演後もこうしてご覧いただきありがとうございます。

「花は咲く」

これは東日本大震災(2011年)後、NHKの東日本大震災復興支援プロジェクトのテーマソングとして作られた曲です。

今回も演奏されました。



日本航空高校山梨・石川合同での演奏をされた指導者の先生からのご感想です。

本日は本当にありがとうございました。

いつもながらお礼を述べる事しかできないのですが、能登を代表して本当に心からお礼を申し上げます。

恐らく能登にある吹奏楽民で1番最初に活動ができたのはうちの生徒で、本日のチャリティーコンサートのはずです。

石川校の生徒たちには今日が始まりの一歩、また一歩ずつ進んでいきましょうと話しました。

この企画のお陰で私たちの心は救われました。

生徒たちは音楽の持つ力を改めて認識できました。

私自身も強く再認識しました。


3.11 東日本大震災

その時も聴いた「花は咲く」が今も奏で続けられている。

3.11の時とはまた状況は違いますが、僕たちはまたこうして立ち上がれると思っています。

音楽をやめなければ必ず希望や勇気が湧いてくる、誰かに響いて共鳴すると感じています。




合同バンドには、お母さんと一緒に小学生のご参加もありました。

小学4年生の心にも・・・

大人の人と演奏するのは初めてで緊張したけれど、今日は上手に吹けました。

また一緒に演奏したいです。


私たちの心にも・・・花が咲きました。
ありがとうございます。

ガーベラ

日テレ系YBSニュース

2024.02.18.12:15

本日もご訪問ありがとうございます

昨日の演奏会が、日テレ系YBSニュースで紹介されました。
ありがとうございます。

日テレ系YBSニュース

終演御礼

2024.02.17.23:07


令和六年能登半島地震チャリティーコンサートIN山梨

みなさまのおかげをもちまして、本日、無事に終演させていただくことが出来ました。

会場校である、甲斐清和高等学校様

ご出演いただきましたみなさま方

スタッフとして多くのお手伝いをしてくださった方々

そして、何よりもご来場くださいましたお客様

不行き届きな点もございましたが、

会場いっぱいに、みなさまと笑顔で音楽の花が咲きましたこと

深く深く感謝申し上げます

ありがとうございました。


音楽の花プロジェクト実行委員会一同



演奏会の様子は、少しずつご紹介させていただきます。

みなさまからお預かりいたしました義援金は、全日本吹奏楽連盟を通じて石川県吹奏楽連盟義援金特設口座へ送金させていただきます。

完了いたしましたら、改めて本ブログでお知らせいたします。

本日は中学生・高校生のみなさんは全員、この缶バッチをつけて演奏してくださり、お持ち帰りいただきました。

缶バッチ








プロフィール

yamanashicharity

Author:yamanashicharity
山梨県甲府市・甲斐市を中心に結成された「音楽の花プロジェクト」実行委員会です。
微力ですが、この度の地震で被災された地域の音楽活動復興のために演奏会を実施したいと活動中です。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR